Fukucchi(ふくッチ)は、「濡れたハンカチをポケットやバッグに直接しまうことに抵抗がある」方に向けて、「ハンカチの衛生を保ちやすく、しかも使いやすい商品を作りたい」という想いから作りました。

Fukucchiは、本体内側で手を拭くタイプの、ハンカチに代わる新しい手拭きアイテムです。

 

 

Fukucchiの構造の特徴は「両ワキに開口がある」点です。

この両ワキにある開口から、左右の手それぞれを内部に差し入れることによって、本体内側の面を使って手を拭くことができます。

Fukucchiなら、上記のとおり手を拭いた後、開口から左右の手を引き抜いた時点で、既に濡れた面は内側にありますから、手間無しにこのまましまっても、濡れた面が、周りの物に直接触れることがありません。

 

 

Fukucchiだけのこの構造によって、「濡れたハンカチをポケットやバッグに直接しまうことに抵抗がある」方にとっては、これまでにしてきたような、例えば、

 

 

・ 濡れたハンカチを、濡れた面が内側になるように畳んでからしまう

濡れたハンカチを、防水性の袋に入れてからしまう

濡れたハンカチを、乾くまでデスクなどの上などに出しておく

濡れたハンカチを、乾くまでバッグの取っ手に括り付けておく

 

 

などの手間のかかる対処法から解放されて、簡単に、濡れた面が内側になった状態 & 乾きやすいように吊るした状態で、ハンカチ(Fukucchi)を携帯することができるようになります。

 

 

さらには、外側の乾いている面も、ムダなく、「汗を拭く」など「手を拭く」以外の用途に使っていただけます。

汗拭き用と手拭き用と分けて2枚のハンカチを携帯するよりも、1アイテムで内側と外側とで用途を使い分けられたら、荷物もお洗濯も減らせて一石二鳥ですよね?

 

 

ところで、Fukucchiの構造は、「両ワキに開口がある」単なる筒状ではありません。(筒状のoriduruとは、異なる構造です。)

単なる筒状では、「両脇にある開口」から左右の手を差し入れた際に、内部で左右の手同士が直に接してしまいますが、Fukucchiの構造では、そうはならず、「両脇にある開口」から左右の手を差し入れると、左右の手が、それぞれ袋状の中にスッポリと納まって、手の「甲」「平」「指先」までが瞬時に包まれた状態となり、効率良く手を拭いていただくことができるようになっています。

 

 

素材については、「スピーディーに乾くものを」と熟慮した結果、高吸水性&高速乾性の、機能的な布である「手ぬぐい」が良いとの考えに至り、主に「手ぬぐい」を用いて作っております。

 

 

ショップおりづるでは、Fukucchi(ふくッチ)を1つずつ手作りしています。「必要としてくださる方のもとへ届けたい」と願っていますので、どうぞよろしくお願いします☆