手を拭いて濡れてしまったハンカチ、皆さんは、どうしまっていますか?

 

 

〇 乾きやすいように、バッグの取っ手に結びつけますか?

〇 乾きやすいように、バッグの上方に、荷物を隠すカバーがわりとして被せておきますか?

〇 濡れた面が内側になるように畳んでからしまいますか?

〇 ポーチに入れてからしまいますか?

 

 

今日は、濡れたハンカチをスピーディーに乾かせる「折り方&吊り方」をご紹介します(^-^)

これは、私が、毎日ハンカチのことばかりを考えながら2年あまり過ごした中で発見したことです☆彡

 

 

濡れたハンカチをスピーディーに乾かせる折り方は、ずばり、「ジャバラ折り」です。

ハンカチを「ジャバラ折り」にすると、どういう状態になるのかと言いますと、ハンカチの全面が空気に触れる状態になります。

だからスピーディーに乾かせる。

これほどまでにハンカチの全面が空気に触れる畳み方を、私は知りません。

「ジャバラ折り」はスゴイ☆

 

 

では、ご一緒に「ジャバラ折り」を。

まず、ハンカチを、向こう側が「輪」になるように半分に折ります。

 

 

ジャバラ折り
          ここでは、40×40cmのハンカチを使用

 

 

次に、左右の辺を中心に持ってくるように折ります。

 

 

ジャバラ折り

 

 

次に、真ん中を持ち上げるようにしてパタンと半分に折ります。

 

 

ジャバラ折り

 

 

これで、ジャバラ折りが出来ました。

手前側をめくってみると、こんな風にふんわりと広がります。

 

 

ジャバラ折り

 

 

 

この「ジャバラ折り」にしたハンカチ、そのままポケットなどにしまったのでは「乾きやすさ」の点で意味がありません…

「乾きやすさ」のメリットは、ジャバラ折りをした後にクリップなどで「吊り下げる」ことで初めてわかります!

 

 

例えば、画像のような、ボールチェーンを取り付けたクリップを1つ用意していただきますと、クリップでハンカチを挟んでバッグなどに吊り下げていただくことができるようになります。

 

 

フィッシュクリップ
            ここでは「フィッシュクリップ」を使用

 

 

こんな風に。

 

 

ジャバラ折り

 

 

 

バッグに吊り下げてみると、こんな感じになります。

ハンカチがバッグの内側にくるように吊り下げた方が見た目はスッキリすると思いますが、乾きやすさを考えると外側に吊り下げた方がベターです。お好みで♪

 

 

 

ジャバラ折り

 

 

 

この折り方(ジャバラ折り)では、ハンカチの全面が空気に触れるので、濡れたハンカチがスピーディーに乾きます。

 

 

ジャバラ折り

 

 

 

そして、もう1つ知っていただきたいのは、「ジャバラ折り」にしたハンカチで手を拭く時の「心地よさ」です。

ハンカチがふんわりと大きく広がるので、広い面積を使って手を拭くことができます。

「そんなの、普通にハンカチを広げれば同じことじゃない」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これは、「クリップでバッグなどに吊り下げた状態」にした場合の話です。

普通に四角く折り畳んだハンカチをクリップでバッグに吊り下げた状態では、やっていただくとわかると思いますが、手を拭くと同じ面ばかりが濡れてしまい、ある面は使われず、(ハンカチに死んだ面ができてしまう)ハンカチの面を効率よく使って手を拭くことができません。

「ジャバラ折り」にしたハンカチで手を拭けば、ハンカチの面を大きく使って拭くことができ、ある面だけがジメジメと濡れすぎてしまうこともなく、とても心地がよいですよ。

また、ハンカチは、いったん大きく広げてしまうと畳むのが面倒なものですが、ご紹介した「クリップでバッグに吊り下げる状態」では、パッパッと払うようにするだけで形をジャバラ折りの状態に戻せるので、畳む手間も要らずラクかと思います♪

 

 

「ジャバラ折り」は、手拭いでも、ハンカチと同様のメリットが得られます。

最近は100円ショップでも可愛い手拭いを買うことができますが、手拭いはベローンと長いこともあって、全面を効率よく使うことが難しいかと思います。

是非、クネクネとジャバラ折りにしていただいて、クリップで吊り下げて使ってみてください(^-^)

 

 

最後にちょっと宣伝になります。

当店のハンカチ入れ(おりづる)は、ちょうど、画像のようなボールチェーンを付けた状態のクリップに、「カバー」を被せた風の作りになっています。

 

 

フィッシュクリップ

 

 

 

カバーは、内部の通気性を考え、両ワキが開いた構造にしてあります。

 

 

 

おりづる
               ハンカチ入れ[おりづる]

 

 

「カバー」があることによって、次のようなメリットが得られるようになっています。

 

 

〇 濡れたハンカチがバッグの中の他の物(財布や書類など)まで濡らしてしまわないようにできる。(バッグの内側に吊るした場合に)

〇 外部汚染(クシャミやセキの飛沫、床との擦れなど)からハンカチを守ることができる。 (バッグの外側に吊るした場合に)

 

 

当店のoriduru(おりづる)も、是非お試しください(^-^)

では。

 

 

 この記事が気に入ったら、いいね!しよう
(最新記事が届きます)