<どんなハンカチ入れなの?>

おりづる(oriduru)は、「濡れたハンカチをポケットやバッグに直接しまうことに抵抗がある」方に向けて、「ハンカチの衛生を保ちやすく、しかも使いやすい商品を作りたい」という想いから作りました。

折り畳んだハンカチをクリップで吊るして携帯するタイプの、新しいハンカチ入れです。

 

ハンカチ入れ「おりづる」

 

 

<ハンカチを干しながら携帯できる>

ハンカチは、本体内側に1つ付いているクリップで留めることによって、吊るした状態で収納できます。

さながら、ベランダでハンカチを洗濯ばさみで干したまんま携帯できてしまう!イメージです。

このクリップは、軽い力での開閉が可能でありながら、強いグリップ力(耐荷重2kg)でしっかりとハンカチを保持します。

 

フィッシュクリップ
   ハンカチを留めるためのクリップ

 

 

 

また、クリップは、かんたんワンタッチで開閉できます☆

どちら側にレバーを倒しても開く仕組みです。

真ん中から折るようにパキッとしてください。

閉じるときは、またパキッとして真っ直ぐに戻します。

 

 

フィッシュクリップ黒
      クリップの開き方

 

 

 

クリップでハンカチを留めた状態のまま、持ち歩きはもちろんのこと、手を拭く際も、そのまま拭いていただけます。

吊るすハンカチの折り畳み方は、四つ折りでも二つ折りでもOK。 お好みでどうぞ♪

 

 

<四つ折りハンカチを収納する>

ここでは、20×20cmのタオル地のハンカチを用いて、ハンカチの吊るし方の説明をします。

四つ折りには、ハンカチを使う度に畳み直す手間が省けるメリットがあります。

そのまんま拭けて、そのまんま収納できる、ということです。

 

 

          内部(外からは見えない部分)

 

 

<ニつ折りハンカチを収納する>

ここでは、20×20cmのタオル地のハンカチを用いて、ハンカチの吊るし方の説明をします。

二つ折りには、手を拭く際にハンカチを大きく広げて拭けるメリットがあります。

二つ折りの場合、ハンカチをクリップで留めた後、下部を折りあげてからしまっていただきますと、うまく収まります。

 

 

          内部(外からは見えない部分)

 

 

 

<「おりづる」だけの、両ワキが開いた構造>

ハンカチ入れ「おりづる」の構造の特徴は「両ワキが開いている」点です。

この構造により、ハンカチ収納部の高通気性が保たれて、ハンカチの雑菌の増殖が大幅に抑えられます。

 

手拭き「おりづる」
         横から(両ワキに開口あり)

 

 

 

<カバーのなせる業>

畳んだハンカチをクリップで吊るせるアイテムには、ハンカチホルダーと呼ばれるものもあります。

ハンカチ入れ「おりづる」は、このハンカチホルダーと似ている面もありますが、大きな違いは、ハンカチをおおう「カバー」が付いていることです。

ハンカチ入れ「おりづる」を使うと、「カバー」によって、次のようなメリットが得られます。

 

ハンカチ入れ「おりづる」

 

 

〇 濡れたハンカチがバッグの中の他の物(財布や書類など)まで濡らしてしまわないようにできる。(バッグの内側に吊るした場合に)

〇 外部汚染(クシャミやセキの飛沫、床との擦れなど)からハンカチを守ることができる。 (バッグの外側に吊るした場合に)

 

クリップは、レールの役目を果たす部品を介して本体に付けてあります。

この部品(Dカン)があることでハンカチを左右方向に大きく動かせるので、ハンカチを、スムーズにカバーから外側に引き出すことができます。

 

 

ハンカチ入れ「おりづる」
  内部(外からは見えない部分)

 

 

 

<ハンカチ入れ自体がジメジメになりにくい☆>

「両ワキが開いている&クリップでハンカチが吊られている」ことにより、ハンカチが宙に浮いた状態になるため、ハンカチがハンカチ入れの内側の面に接しにくく、ハンカチ入れ自体もジメジメになりにくくなっています♪

下の図はヨコからハンカチ入れ「おりづる」を見た図です。

「どうして、ハンカチがハンカチ入れの内側の面に接しにくいのか?」その構造が分かりやすいように、チョットだけ大げさに示しました。

実際には、ハンカチがハンカチ入れの内側に全く接しないということはありませんが、軽く触れる程度です。

※ 因みに、断面図ではありません。実際に両ワキが開いた構造をしています。

 

 

横から見たoriduru
ハンカチ入れ「おりづる」

 

 

そもそもハンカチは自立しませんから、「普通の袋状のハンカチ入れ」では、ハンカチをギュッと前後方向から押さえない限りは、ハンカチは中で安定した状態になりません。

( 寝ます ( ˘ω˘)Zzz )

でも、そのような「ハンカチを前後方向から押さえる」収納の仕方では、ハンカチ入れが濡れたハンカチとベッタリ接することになるので、ハンカチ入れともども、ハンカチの水分を吸収してジメジメになってしまうんですよね…

上の「おりづる」の図と、違いを比べてみてください。

※ こちらは断面図です。

 

 

袋状のハンカチ入れ
普通のハンカチ入れ

 

 

 

<開口部の内側にスナップ付き>

ハンカチ入れ「おりづる」には、両ワキの開口部分の内側に、スナップを1つずつ付けてあります。

やや「通気性」は犠牲になりますが(><)、このスナップを留めた状態にしていただきますと、ハンカチをより安定した状態で携帯することができるようになります。

(ハンカチ二つ折り収納時には留めていただくとよいです。ハンカチ四つ折り収納時であれば、留めていただかなくても。「片側だけ留める」という選択肢もアリ。)

スナップの役割としては、開口からのハンカチの不意の飛び出しを防ぐと共に、開口からのハンカチの横見えを軽減します☆

 

 

ハンカチ入れ
            内部(外からは見えない部分)

 

 

 

このスナップは、さびにくさを考え、プラスチック製のものを用いています。

プラスチックスナップには、金属製スナップよりも「軽い力で開閉ができる」というメリットもあります。

 

 

<使い方>

手を拭く際には、ワキの開口から、スルンとハンカチを外側に引き出してお使いいただけます。

軽い力で「ハンカチ全体」を引き出すことができます。

 

 

おりづる手拭き
     開口から外側にハンカチを引き出して手を拭いていただけます♪

 

 

引き出してふくッチ
   開口から外側にハンカチ全体を引き出せます♪

 

 

<もう1つの使い方>

でも、面倒な場合は、両ワキの開口から左右の手それぞれを中に突っ込んで、中で手を拭いてしまってもいいのです。こんな風にゼロタッチで手を拭けるから楽チン。

ハンカチ入れも、もちろん濡れてしまいますが、お洗濯願います(^-^)/

 

 

ゼロタッチでふくッチ
          ゼロタッチでも拭ける☆

 

 

<お終いに>

ハンカチ入れ「おりづる」は、濡れたハンカチが乾きやすく、そして、濡れたハンカチが周りの物や服を濡らさないようにできる、新しいタイプのハンカチ入れです。

外付けポケット・移動ポケットとして、バッグや腰付近につけていただき、皆さまにご活用いただけましたらと思います。

 

 

ハンカチ入れ「おりづる」

 

 

ショップおりづるでは、ハンカチ入れ「おりづる」を1つずつ手作りしています。「必要としてくださる方のもとへ届けたい」と願っていますので、どうぞよろしくお願いします

 

 

当店の「おりづる」と「ふくッチ」は、以下の特許を出願済みです。

特願2016-222706、特願2016-222708、特願2017-58364

ライセンス契約につきまして、もし関心がありましたら、<こちらの記事>もご覧くださいませ(^-^)