oriduruは、新しいかたちのポケットバッグですが、

もともと、「既存のポケットバッグに何か不満があって考案した」わけではないんです。

今日は、そこのところのお話を(^o^)

 

ポケットバッグ(移動ポケット)って便利ですよね!

私も数年前から自分の子に付けていましたが、便利で、改善の余地については、考えたこともありませんでした。

使っていたポケットバッグは、

「ハンカチとティッシュを入れて持ち歩く」用途を十分に満たしてくれるもの だったので、不満など特になかったのです。

むしろ、安全ピンで腰にハンカチを付けて、ハンカチをブラブラさせながら歩いている子のほうが気になっていて、

「みんな、ポケットバッグを使えばいいのに。。。」と思っていました。

 

安全ピンでお子さんの腰にハンカチを付けているママさんって、もしかして「ポケットバッグ」の存在を知らないのかな~?

と思って、ちょっと該当ママさんに聞いてみましたら、存在は知っているけど、それでも使わないんだそう。

 

「この方が、濡れたハンカチがすぐ乾くでしょ♪ 」

「ハンカチが安全ピンで留めてあれば、ハンカチを無くさないでしょ♪ 」

「出したりしまったりを面倒がって、ポケットの中のハンカチは絶対に使ってくれない…」

 

理由はこんなところのよう。

その時は「ふーん」という感じでしたが、ある朝、起きて、子供のタンスを開けたときに、ふと新しい移動ポケットのアイディアが頭に浮かびました。

タンスを開けたまんま、子どものハンカチをグニャグニャと手の中で動かしながら、頭の中で新しい移動ポケットの形を考えました。

そして、数分たってタンスを閉めるまでの間に、構造の30%くらいが頭のなかでまとまりました☆

(後に、残りの70%をまとめて形にするまでに、苦労しましたが…)

 

oriduruは、「安全ピンで腰にハンカチを付ける」方がポケットバッグを使うよりベターだと思っているママさんの視点 が、ヒントになっています。

oriduruは、「安全ピンで腰にハンカチを付ける」スタイルと、「ポケットバッグ」、それぞれのメリットを融合したグッズなのです。

 

既存のポケットバッグは、「ハンカチやティッシュを持ち歩ける」ことが、用途の全てかと思いますが、oriduruは、プラス、「使う場面のこと」そして「使った後のこと」まで考えてあります。

 

使う場面のこと:  ハンカチを落とすことなく、楽に扱える。

使った後のこと:  濡れたハンカチが乾きやすい。

 

 

この「使う場面のこと」「使った後のこと」の部分こそ、「安全ピンで腰にハンカチを付ける」方がベターだと思っているママさんの視点

<ハンカチを落とさない、楽に使える、 出し入れが面倒じゃない、乾きやすい、等>

そのものなわけです。

 

 

おりづるレギュラー版
oriduru(レギュラー版)

 

oriduru

 

 

私は、「移動ポケット」の一番良いところは、やはり、見た目のキチンとさ なんじゃないかなと思います。

「安全ピンでハンカチを付け」て、ハンカチをブラブラさせているよりも、ポケットバッグにしまってある方が、キチンとしている感じがします。

一方で、「安全ピンでハンカチを付ける」方は、すごく実用的!それも、捨てがたい!

でも、さすがに全面がむき出し(安全ピンでハンカチを付けた場合)だと、ハンカチが服と同じ状態で外にさらされるので、汚れも付きやすいんじゃないかと。。。(濡れている場合は、なおさら。)

 

どなたにも ‘こだわり’ があると思います。

「それでも安全ピンでハンカチを付ける方がいい!」という方も、「それでも普通のポケットバッグでいい!」という方もいらっしゃるかと思います。

ただ、快適にハンカチを持ち歩くための選択肢のひとつとして「新しいかたちのポケットバッグ」oriduruを加えていただけましたら、考案者しては、とても嬉しく思います(^-^)

 

 

ハンカチとティッシュ